• TOP>
  • T田のニトブラ日記 -キャラランクについて-

T田のニトブラ日記 -キャラランクについて-

元ゲームスカイ店員、元某アーケードゲーム専門誌編集部員T田によるニトブラプレイ記になります。
格闘ゲームをガチでやる人向けの内容が多くなるとは思いますが、初心者からガチ勢までさまざまなユーザーにとってお役に立てる情報を発信していければと思います。

今回は、

といった内容でお届けしていこうと思います。

エクサムカップ予選通過キャラとキャラランク

みなさんおはようございます。T田です。
ちょっと期間が空いてしまいましたが、別に『ニトブラ』のモチベが下がったとかそんなことはありません。ただ某イカゲーが面白すぎて若干影響があったかもしれません……。やはり『ニトブラ』もそうですけど、だれかと対戦するゲームというのはいいですね。特に自分を負かしてくれる対戦相手がいるとやる気がモリモリ湧いてきます。

話を戻しまして、今回はエクサムカップ予選通過キャラとキャラランクのお話を中心にしていきたいと思います。

エクサムカップ通過キャラ

まず、エクサムカップを現在通過しているキャラクターを見ていきましょう。

2イグニス
1三世村正
4モーラ
2ルイリー
2アル・アジフ

となっています。前の数字は抜けている人数ですね。
正直、アル・アジフが二人抜けていることに驚きました。後述しますが、自分のキャラランクではかなり低めになっているので、早い段階で抜けるのは難しいかなと考えていたからですね。逆にアインが一人も抜けていないのも驚きです。確実にキャラパワーはあるんですが、体力が低めなのでそのあたりが一発勝負のトーナメント形式の大会で苦戦しているのかもしれませんね。

もっとも多く抜けているのがモーラの四人ですが、弱点要素の少なさが影響しているのかもしれません。そのあたりも含めて後述の各キャラ解説あたりで掘り下げていきましょう。

T田の考えるキャラクターランキング

自分の現在考えているキャラランクがこちらになります。(6月16日現在)

A+ イグニス
A アイン モーラ 瑞麗
B+ 三世村正
B アル・アジフ アンナ 沙耶

自分は瑞麗使いですので、そのあたり影響しているランクになっているかもしれません。ただ上の4人と下の4人という図式はほぼ変わらないと思われます。続いて各ランクのキャラの解説をしていきます。長くなるので今回は上位4キャラを見ていきましょう。

■イグニス

個人的に現在のバージョンでも一強だと考えているのがイグニスになります。理由としては、

・共通システムであるバニシングガードが強い
・近Bの認識間合いの広さ
・明確な崩しであるコマンド投げを所持
・罠のコンボカット能力
・体力が多い
・2Bの強い対空を所持
・強いセットプレイを所持

が代表的でしょうか。ほかにも強い部分は見受けられますが、とりあえずざっと挙げてみました。この中でも今回注目したいのは赤文字の項目になります。バニシングガードの項目ですね。個人的な意見としては「さすがに強すぎません?」って感じです。ちなみにどんな感じになっているかというと、

アイン  全体27F バニガ受付1~21F 硬直22~27F
イグニス 全体17F バニガ受付1~10F 硬直11~17F

こんな感じです。モデルをアインにしましたが、他キャラでもそこまで誤差は無いようです。バニシングガードは最速放しの入力になります。

もう全体フレームの時点で10F違うって……ってなると思いますが、問題はそれ以外にもあります。人間の反応の話になりますが、一般的に人間の見てから反応する速度は12Fが限界と言われています。となるとイグニスがバニシングガードを張ったのを見てから5Fの技を最速の12Fの時点で押したとしてギリギリ間に合うか間に合わないかという計算になりますね。これはつまり理論上、見てからイグニスのバニシングガードを咎めることは不可能となるんですね。

ちなみに他キャラの27Fの場合、19Fの時点で7FのB系統の技を振っても確定します。この数字は正直あまり反応がよくない方でも意識していれば刺せるレベルだと思います。

2015y06m16d_043313140.jpg

管理人T田の反応チェッカー結果がこちら 12F以下は無理ッス!

人間の反応で間に合わないということが試合にどういう影響を与えるかというと、中間距離戦において適当にバニシングガードを置くだけで相手側にリスクを与えられるということになります。

これに対して対戦相手がするべき行動は適当に読みを混ぜつつ硬直に刺さるタイミングで攻撃を振ることになるんですが、もうこれは攻略というよりは運頼みになりますね。自分はなんでも攻略でなんとかしようとするんですが、ちょっと強すぎて明確なリスクが与えられなくてどうしたもんかなぁと思っております。

また、先程までの解説は基本的に地対地の状況になりますが、このバニシングガードがもっとも真価を発揮するのは地対空のバニシングガードといってもいいと思われます。いわゆる対空バニガですね。

基本的に対空バニガにリスクを負わせる行動は空ジャンプからの下段もしくは投げになるんですが、全体フレームの短さからガードは間に合ってしまうし、投げ抜けも当然可能な状況が多く見られるんですね。もちろんガードが間に合うということは二回目のバニシングガードも可能ですので、攻め手側はすかし下段から入れ込む行動にもリスクが持たされてしまいます。

それなら着地投げが安定選択肢になるのでは? となりますが、そもそも空ジャンプ自体に対空されるリスクがあり、そのリスクを支払って投げ抜けの容易な着地投げを選択するというのは格闘ゲームのリスクリターンを考えるとあまりにも釣り合っていません。でもする必要があるんですよね……。

長々と解説しましたが、最初に書きました「さすがに強すぎません?」って結論につながります。いや、ほんとに強すぎません?
ほかの項目も記述しようかと思っていましたが、以前から火力が下がっただけという認識で問題ないと思われます。無敵技以外全部ある! 強い! いじょ!

■アイン

アインはA+に入れようか迷いましたが体力の低さを考慮して一段階下げました。エクサムカップの予選結果を見ても分かりますが、大会で安定させるのが難しいキャラクターなのかもしれません。

強い要素
・全キャラ中随一の機動力
・平均コンボ火力の高さ
・非常に早い移動コマ投げを所持
・リスクを負わせにくい射撃を所持

弱い要素
・体力が低い
・ノーゲージの無敵技が無い
・ヴァリアブルラッシュの初段が弱い

こんな感じでしょうか。ここでは弱い要素ついて解説したいと思います。
まず体力が低いというのは致命的な弱点になります。最初に痛い始動が入った場合2コンボで死亡といったこともよく見られますので、事故が起こりやすい大会などで結果が出ないのはこのせいもあると思われます。

次にノーゲージ無敵技ですが、モーラや瑞麗の戦術として無敵技を打ってガードされたらパートナーでフォローといった動きがよく見られます。この行動があることで厳しい状況でも多少のリスクで切り返せるのですが、アインは所持していないので切り返すにはゲージもしくは、大きめのリスクを背負う必要があるわけですね。

最後にヴァリアブルラッシュの初段になります。これは単純に低姿勢に当たりません。強いヴァリアブルラッシュを所持するキャラもいますが、アインに限ってはゲージを使うならコルトパイソンを打ったほうがいい結果につながることが多い気がします。

弱い部分を解説しましたが、強い部分が補って余りある性能を持っているので使用キャラによってはイグニスよりきつい! って思う方もいると思います。今回の解説はA+では無くAに入れた理由の解説になりますね。今後の予選の結果にも期待したいと思います。

■モーラ

現在もっとも予選を多く通過しているモーラもアイン、瑞麗と同ランクのAになります。

強い要素
・弱点要素の薄い無敵技を所持
・体力が多い
・荒らし要素が強い
・平均コンボ火力の高さ

弱い要素
・崩しが若干弱い
・対空攻撃が弱い

まずモーラといえばデッド・ライジングが強いといった部分が目立ちます。下に薄くも無く、無敵が発生前に切れることも無く、完全無敵と文句なしの無敵技の性能となっていますね。ここからのインフィニットブラストコンボもゲージ回収、高ダメージのものが多く作られており、1ラウンドで2回ヒットしたら試合終了なんてこともよくあります。

このインフィニットブラストコンボにも言えますが、モーラはJE溜めやスレッジハンマーなど優秀なコンボパーツが多く、単体のコンボがめちゃくちゃ痛いんですよね。モーラの体力の多さも相まって相手は4コンボ必要で、モーラは2コンボ始動を入れるだけで死亡といったことも少なくありません。

荒らし要素のアクロス・ザ・ナイトメアは中段攻撃としては微妙な性能になりますが、バニシングガードの攻防や突然のぶっぱなしなどヒットする状況が多くあり、実戦向けの必殺技になっています。ヒットしたらそこからのコンボも痛いのもポイントが高いですね。

弱い点は崩しと対空になります。スレッジプレス、アクロス・ザ・ナイトメアは決して弱い崩しとも言いきれないのですが、やはり決定打に欠けるんですよね。また対空攻撃もかなり信頼度としては低く、相手の飛びを多く通してしまうのもマイナスです。

モーラの総評としてはハイスタンダードって感じでしょうか。とにかく明確な弱点が無いんですよね。ただし尖っている部分もそこまで目立たないため、デッド・ライジングやアクロス・ザ・ナイトメアをどれだけブチ当てられるかといった点に集約している気もします。

■瑞麗

自分の使用キャラクターでもある瑞麗もAランクに位置します。このキャラは強い要素と弱い要素がハッキリしているので解説しやすいですね。

強い要素
・弱点要素の薄い無敵技を所持
・体力が多い
・崩しが強い

弱い要素
・リーチが短い

モーラと同じく信頼度の高い無敵技を所持しているのは大きい要素となりますね。さすがに横幅などの関係でどこでもぶっぱなしていいとは言えませんが、切り替えしたい状況で相手に触れるならドンドン強気に打っていいと思います。体力が多い点も打ちやすさに拍車がかかりますね。

そして瑞麗を代表する強い要素として非常に強力な崩しを有する点があります。虎牙踵(中段)と蛇脚(下段)による択一攻撃になりますが、B鉄山靠からこれらに派生することで連続ガードにすることが可能となっており、完全二択を回避するためにはB鉄山靠の時点でバニシングガードを狙う必要があるということになります。このあたりは複雑な読み合いに発展するので割愛しますが、リスクをそこそこに大きなリターンを取れる選択肢を有するという点は本作に置いては大きなアドバンテージになっています。

弱点になりますが、これはもう“リーチが短い”この一点に集約されると思います。飛び道具なども有していないためイグニスやアインに完璧に立ち回られると触ることなく試合が終わることもあるため、パートナーでその点を補ってもいいと思います。瑞麗は相手キャラに触ったら確実に最強キャラなので触れる回数を増やす戦術を確立していきましょう。



というわけで今回はこのあたりで。結構な文章量になりましたので残りの4キャラは次回の更新でお届けしたいと思います。近日公開予定ですので、そちらをお楽しみにしていてくださいね。


テキストbyT田
コメント等で意見頂けるとうれしいです!

コメント

コメントを入力する

最近更新したページ

最新の5件
2016-10-19 2016-06-12 2016-06-02

最新のコメント

ニトブラ関連動画

ニコニコ動画でキーワード「ニトブラ・ニトロプラスブラスターズ」
の「最新の動画一覧」検索で出てきたものをピックアップ