• TOP>
  • T田のニトブラ日記 -バニシングガードの攻防-

T田のニトブラ日記 -バニシングガードの攻防-

元ゲームスカイ店員、元某アーケードゲーム専門誌編集部員T田によるニトブラプレイ記になります。
格闘ゲームをガチでやる人向けの内容が多くなるとは思いますが、初心者からガチ勢までさまざまなユーザーにとってお役に立てる情報を発信していければと思います。

今回は、以前予告したバニガ関連の攻防について、

といった内容でお届けしていこうと思います。

バニシングガードの攻防

みなさんこんにちわ。T田です。
連続更新となります。今回は『ニトブラ』において少し分かり辛い“バニシングガード”の攻防について解説していきたいと思います。フレームの情報なんかも出回っていますので、そのあたりをからめて解説していきます。

まずバニシングガードの性能をおさらいしましょう。以前より少し細かく性能について書いてあります。

メリット
・必殺技などの削りダメージの無効化。
・空中ガード不能攻撃をガードできる。
・相手の本体の攻撃をガードした場合、バニシングガードした側が+3F有利になる。
・連続ガード中でも使用可能。
デメリット
・発動中は中下段ガードの切り替えができない。
・発動中は投げ抜けができない。
・ボタンを離し、動作を終了した後に隙がある(この硬直中は投げ抜け可能)。
・空中版を使用した状態で着地した場合着地硬直がある。

こんなところでしょうか。特に注目したいのは“バニシングガードした側が+3F有利になる”の部分でしょうか。これがどう攻防に絡んでくるか見ていきましょう。

密着状況でのバニシングガード成立後の攻防

近接キャラが悩みがちなバニシングガード成立後の攻防になります。相手に取られた状況といった前提です。一つずつ見ていきましょう。

①自:打撃 敵:打撃or投げ

これに関してはほぼこちら側が負けます。有利フレームを+3F取られているので、お互いの打撃で3F以上の差がある攻撃を相手が選択しない限り相手の攻撃が先にヒットします。敵側もバニシングガードからの割り込みを狙っているわけですから発生の早い攻撃を押すに決まっていますよね。

投げに関しても同様で本作の投げは恐らく5F発生と言われています。本作の早い打撃もおおよそ同じ程度のフレームなので+3Fの状況の相手側の投げが成立することになります。なのでバニシングガードを取られた側は基本的には打撃という選択肢は取れないということになります。

②自:バニガ 敵:打撃

敵の打撃に対する回答がこれになります。バニガ返しですね。ここで打撃を取れればこちら側が3F有利な状況になるので強気な選択肢を取ることが可能となります。

③自:バニガ 敵:投げ

バニガ返しに対する相手側の回答がこれですね。こちら側は投げ抜けもできないので非常に強い行動となります。また、①を見てもらうと分かるように打撃にも勝てるので密着状況で相手の打撃をバニガできた場合は投げがもっとも安定感のある選択肢と言えます。

④自:無敵技 敵:打撃or投げ

①と③を見るとバニガを取った側が投げを選択すればとりあえずいいのでは? と思いますが、それに対しての回答がこちらになります。リスクはあるものの相応のリターンもある無敵技になります。

通常必殺技に無敵技が無いキャラもいますが、全キャラクターに共通のヴァリアブルラッシュがあるので2ゲージあれば相手のリターンを求める行動にリスクを持たせることが可能となります。

④自:無敵技 敵:ガード

無敵技に対しての回答ですね。バニガを取った側がリターンを求めずにリスクカットを選択する場合はこの行動を取ることとなります。ガードされた側はパートナーなどで無敵技のフォローを入れるかワンコンボくらうかでリスクを支払うしかありません。

⑤自:バクステorジャンプ 敵:打撃or投げ

密着状況での安定行動の投げに対しての回答になります。ただし打撃に関してはジャンプは移行フレームが5F前後らしく移行前に地上で喰らってしまい、バクステは空中喰らいしてしまいますので打撃択を取ることが多い相手にはあまり見せないほうがいい選択肢ですね。

密着状態でのバニガ成立後の攻防はこんな感じですね。基本的にはバニガからの投げを中心とした読み合いになると思います。ほかにも選択肢はありますが、基本的な読み合いに関して挙げてみました。

中間距離でのバニシングガード成立後の攻防

これも同じく相手に取られた状況といった前提となります。一つずつ見ていきましょう。

①自:打撃 敵:打撃

これは密着状況と同じですね。お互いの攻撃のフレームで3F以上の差が無い限り負けてしまいます。

②自:バニガ 敵:打撃

これに関しても同じです。ただし相手の選択肢にその場の投げがないためリスクはかなり低減しています。特に一瞬バニガを押してすぐ放しておけば、相手がステップ投げしてきた場合にも投げ抜けができるのでかなり防御方法としては優れている動きとなります。

③自:バニガ 敵:ステップ投げ

中間距離でもバニガに対する回答はこれになります。ただし、②にも書きましたが相手が一瞬でバニガを解除した場合は投げ抜けされてしまうため完全なる回答とも言えませんね。そしてステップをはさむので次の選択肢に負けてしまいます。

④自:打撃 敵:ステップ投げ

密着状況では選択肢として非常に弱い打撃がここで出てきます。ステップ投げにリスクは持たせられますが、当然素直な打撃択には負けてしまうので使いどころには注意しましょう。

⑤自:無敵技 敵:打撃orステップ投げorガード

これも密着状況と読み合いは変わりません。

⑥自:バクステorジャンプ 敵:打撃orステップ投げ

これに関しても密着状況と同じじゃないの? って思うかもしれませんが、フレームの影響でかなり変化してきます。具体的に言うとバニガ成立後に使用する通常攻撃がA攻撃では無くB攻撃やC攻撃になり、発生が遅くなるためバクステやジャンプで回避しやすくなります。ステップ投げからも回避できますし、取られた側の選択肢としてはかなり丸い選択肢になるのではないでしょうか。

中間距離でのバニガ成立後の読み合いは以上となります。密着と違い“投げ”の選択肢が薄いので取られた側も強気にボタンを押せる状況が多いのではないでしょうか。

最後に

バニシングガードについてに関しては以上となります。本当にここには基本的なことしか書いていないので、「この状況はどうなるの?」とかいった疑問は尽きないと思いますが、すべてに対して書いていったらすさまじい量になりますのでご容赦ください。

バニガの読み合いの前提の“バニシングガードを取ったほうが有利”といった根幹は必ず変わりません。この認識を抑えつつ、“それならバニガを取られる前にリスクを持たせてやろう”といった戦術が現状の正解だと思います。以前に日記にてT田のニトブラ日記 -攻めと守り-を書きましたが、そちらにもいろいろ書いてありますのでよろしければ目を通してみてくださいね。



では今回はこんな感じで終わりたいと思います。なにか質問などありましたらご回答しますのでよろしくお願いします。次回に関しては特になにについて書こうとは考えていないので思いついたりリクエストなどがあれば書きたいと思います。


テキストbyT田
コメント等で意見頂けるとうれしいです!

コメント

コメントを入力する

最近更新したページ

最新の5件
2016-10-19 2016-06-12 2016-06-02

最新のコメント

ニトブラ関連動画

ニコニコ動画でキーワード「ニトブラ・ニトロプラスブラスターズ」
の「最新の動画一覧」検索で出てきたものをピックアップ