• TOP>
  • T田のニトブラ日記 -続・バニシングガードの攻防-

T田のニトブラ日記 -続・バニシングガードの攻防-

元ゲームスカイ店員、元某アーケードゲーム専門誌編集部員T田によるニトブラプレイ記になります。
格闘ゲームをガチでやる人向けの内容が多くなるとは思いますが、初心者からガチ勢までさまざまなユーザーにとってお役に立てる情報を発信していければと思います。

今回は、知人に空中状況時のバニガの読み合いを確認したいと頼まれましたので、

といった内容でお届けしていこうと思います。

続・バニシングガードの攻防

みなさんこんばんわ。T田です。
以前の更新では地上の近距離、中距離でのバニガの攻防をざっくりと解説しましたが、今回はその拡張版とも言える内容をお届けしたいと思います。前回の日記見てないんだけど! って方はぜひここを見る前に一度目を通してみてください。
T田のニトブラ日記 -バニシングガードの攻防-
前回は地上戦でのバニガの読み合いでしたが、空中時のバニガは挙動が若干変わります。どう変化すると言うと、

空中バニガを成立させた側が後方斜め上に後退する。

といった挙動になります。恐らくは選択肢の少ない空中でバニガの読み合いを長くさせないための仕様ですね。続いて状況別にバニガ成立後の攻防を見ていきましょう。

お互いが空中時のバニガの攻防

この状況に関してはあまり特筆すべき記述はありませんが確認していきます。今回も相手側にバニガを取られたといった前提で見ていきましょう。

①自:打撃 敵:打撃

前回にも書きましたが、バニガ後は3F取った側が有利なため基本的には相手側の攻撃が当たります。オマケにほぼカウンターでヒットするので相手側は確認D(空中回避)などからコンボを継続するといいでしょう。打撃を選択するメリットが一切見当たらないため、取られたら無理をせずバニガを選択しましょう。

②自:バニガ 敵:打撃

打撃の選択肢に対する有効な回答ですね。ここからはこちら側が3F有利な状況になりますが、この時点でバニガ成立時の後退のためお互いの距離がかなり離れており、大体のキャラクターは仕切りなおしといった状況になると思われます。

空中密着時はこの二つくらいでしょうか。地上であったバニガに対する投げも選択肢に入ると思いますが、しっかりと軸が合っている+密着状況とかなり状況が限られているため割愛しました。その状況下かつバニガを押すという読みの場合は相手側は投げを選択すると非常に強い選択肢となりますね。意識できればドンドン見せていいと思います。

どちらかが空中時のバニガの攻防

ここでは相手キャラが地上、自キャラが空中といった状況において、こちらのジャンプ攻撃を地上バニガされたといった前提で見ていきます。いわゆる対空のバニガですね。かなり多くの試合で見られるシーンとなりますのでしっかりと確認していきましょう。

①自:打撃 敵:打撃

当然ながらこれは相手側の攻撃が勝ちます。3F有利かつほとんどの状況で6Aなどの対空攻撃に適した選択肢を相手が取るためですね。読み合いが一周しない限りは打撃の選択肢を取る必要はありません。

②自:バニガ 敵:打撃

この状況ではバニガが成立してこちら側が3F有利になりますが、相手側は地上、こちらは空中といった状況での読み合いに発展します。そのため有利状況でも相手の選択肢がステップ6Aなどの対空攻撃の場合、こちらが3F有利状況での打撃を選択しても負けてしまいます。相手依存の読み合いになるためバニガ成立後は無理をせず仕切り直すのが得策でしょう。

③自:バニガ 敵:着地を取る打撃

②の状況においてバニガ成立→回避行動などを取る相手にリスクを負わせる行動がこちらになります。空中バニガを空振らせて着地硬直を打撃で取るといった戦術ですね。この選択肢には三つ注意点があるので確認しておきましょう。

一つは着地を打撃でなく投げで取る場合になります。これは空中バニガの硬直になりますが、投げ抜けは可能となっているためあまりよい選択肢とはなり得ません。

二つ目は高めにバニガを空振りした場合になります。この場合空中バニガの硬直が着地前に解けてしまい着地ガードが間に合ってしまいます。ですのでリスクを与えたい場合は着地前の空中の時点で打撃を当てる必要があることを覚えておきましょう。

そして一番厄介な三つ目の注意点が、空中バニガの硬直は必殺技やヴァリアブルラッシュでキャンセルできるという点になります。この挙動は新バージョンでも継続して確認しましたので無敵技や2ゲージを持つ相手に対しては相手側の着地を取る打撃は安定行動とはならないので頭の片隅に置いておきましょう。

④自:打撃 敵:着地を取る打撃

①の選択肢が返ってきました。着地を取る打撃を読んだ場合でのみ打撃が有効な選択肢となりえます。相手に対空攻撃を素直に置かれた場合は負けてしまうためリスクはあるものの、応じたリターンも存在するので適度に見せてもいい選択肢と言えますね。

⑤自:空中回避 敵:打撃

これはこちらのジャンプ攻撃を取られたバニガの高さで挙動が変わりますが、概ね相手を飛び越すのでかなり強い選択肢となります。相手がこれにリスクを与えるには振り向き対空攻撃や空中回避自体をジャンプ攻撃や高い打点の攻撃で潰す行動を取る必要があります。

スピーディーな展開で確認するのは難しいですし、相手側にとってリスクを負いたくないシーンではあるのであまり無茶な選択肢は取らないだろうという読みで多めに見せてもいい選択肢ですね。自分はかなり多用している行動になります。もちろん、低めにジャンプ攻撃を取られた場合は空中回避に対空攻撃が引っかかることも少なくないので注意しましょう。


どちらかが空中時のバニガの攻防はこんな感じでしょうか。かなり複雑なうえに選択肢も多く、お互いにリスクとリターンを共有しているので正しい選択肢を選ぶことが難しい状況となっています。そもそも対空バニガの弱点である着地投げや着地下段をしっかりと見せれば相手も簡単に対空バニガをしてこないので、未然の予防をすることでこの状況を作らないことも大切かもしれませんね。

最後に

前回に引き続いてバニガの攻防について書きましたがいかがだったでしょうか。以前にも書きましたが基本的には“バニシングガードを取ったほうが有利”といった前提は変わらないと認識していいでしょう。もちろん“それならバニガを取られる前にリスクを持たせてやろう”といった戦術が現状の正解というのも変わらないのでバニガを取られる前に狩るという行動を詰めてみるのがいいのではないでしょうか。



では今回はこんな感じで終わりたいと思います。なにか質問などありましたらご回答しますのでよろしくお願いします。次回に関しては特になにかについて書こうとは考えていないので思いついたりリクエストなどがあれば書きたいと思います。


テキストbyT田
コメント等で意見頂けるとうれしいです!

コメント

コメントを入力する

最近更新したページ

最新の5件
2016-10-19 2016-06-12 2016-06-02

最新のコメント

ニトブラ関連動画

ニコニコ動画でキーワード「ニトブラ・ニトロプラスブラスターズ」
の「最新の動画一覧」検索で出てきたものをピックアップ